« 0系新幹線 | トップページ | ローカル線の旅 (山陰本線豊岡駅) »

2008年10月15日 (水)

寝台特急「富士・はやぶさ」

東京-九州を結ぶ唯一のブルートレイン寝台特急「富士・はやぶさ」が、秋の朝日を浴びながらJR防府駅の2番ホームに滑り込んできました。

Cimg8082

日本で寝台列車が登場したのは1900年(明治33)。

当時の山陽鉄道が神戸-防府(旧・三田尻)間で、急行列車に寝台車を連結し、運行したのが初めてだそうです。

Cimg8083_2

そういった意味では「寝台列車・発祥の地」でもあるのですが、残念ながら当時の様子を遺すものはなにもありません。

Cimg8084

ちなみに『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、日本初の食堂車も1899年(明治32)、京都-防府(旧・三田尻)間だそうです。

Cimg8085

防府駅停車の唯一の優等列車・富士(東京~大分)、はやぶさ(東京~熊本)は門司駅まで1本の列車として朝の瀬戸内海沿いを疾走します。

Cimg8087


以前は、「はやぶさ」が鹿児島線経由で、そして「富士」が日豊線経由でそれぞれ西鹿児島まで運転していました。

東京を出て、まる1日(約24時間半)の旅でした。

Cimg8089

今、そのブルートレインの旅そのものが終わりを告げようとしています。

2009年3月ダイヤ改正。最後のブルートレイン寝台特急「富士・はやぶさ」の廃止が決まりました。

Cimg8092

『ホテルのようにベッド(寝台)がある列車が走っていた・・・。』

そんな昔話をする日も、そう遠くはなさそうですねぇ。

Cimg8093

撮影: 2008年10月15日 午前7時50分頃 

☆JR防府駅を約30分遅れの発車です!

« 0系新幹線 | トップページ | ローカル線の旅 (山陰本線豊岡駅) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70674/24530475

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「富士・はやぶさ」:

« 0系新幹線 | トップページ | ローカル線の旅 (山陰本線豊岡駅) »